資格を生かした仕事|プラクティショナーをしっかり学んでnlpを役立てよう

プラクティショナーをしっかり学んでnlpを役立てよう

女の人

資格を生かした仕事

勉学

独立も可能な資格

社会福祉士を目指す学校を卒業した人の多くは、病院や福祉施設などでソーシャルワーカーとして働いていますが、最近ではある程度経験を積んだあとに独立して社会福祉士事務所を開業する人もいます。新潟県では開業している人の数はまだ少ないですが、今後は増えていくことも予想されています。開業すると個人で相談援助業務を行う他、成年後見人業務を行う人もいます。成年後見人制度では裁判所が後見人を選任する場合がありますが、最近では福祉のスペシャリストとして社会福祉士が選任されるケースが増えているのです。高齢化が進み、今後はますます成年後見人制度を利用する人が増えることも見込まれるため、社会福祉士の活躍の場がますます増えていくことでしょう。

貸付制度

新潟県には社会福祉士を目指せる大学や専修学校の他に養成施設も複数あります。当然これらの学校に入るには入学金や授業料がかかりますが、新潟県には介護福祉士や社会福祉士を目指す人に限定した貸付制度があります。貸付条件は卒業後に新潟県内で資格をいかした職種に就く予定の人となっていて、養成施設に通う社会人でも利用することができます。貸付額は月額5万円ですが、他の奨学金制度と併用することも可能で、実際に5年間従事すると返済も全額免除になります。就職先は限定されておらず、自分で就職先を決めることができるので、新潟県内の福祉系学校を卒業後、新潟県内で就職する予定でいる人にとってはお得な貸付制度と言えるでしょう。